Mochi a girl モチアガール Mochi a girl モチアガール

  • MENU
お問い合わせ

2017.04.17

コラム

モチアガール★価格高くない?&厚盛りすると目立つ疑惑の解明!

みなさん、こんにちは!

メガネ女子まのです。

 

 

 

前回の

「モチアガールが剥がれないように、どうしたらもっと快適に使用できるか?」

をテーマにした、

 

【モチアガールの不都合な真実に切り込むシリーズその①★貼りつかない問題編】

 

はお読みいただけましたでしょうか?

 

 

 

今回もモチアガールの不都合な真実に切り込む第2弾!

 

「他メーカーの同じような商品と比べると価格が高いんだけど、どうして?」

「メガで厚盛りすると目立って使いにくいけど、どうしたらいいの?」

がテーマ。

 

 

 

さて、すでにモチアガールをご使用の皆さまも、

これからご購入を検討の方も

もしかしたら購入前に一度は

思われたことがあるのではないでしょうか?

 

「使ってみて効果実感できるならいいのだけど、

ちょっと高いかな。」と。

 

 

私などは、最初

 

「そもそも家具の傷や音防止に使うクッションゴムに似てるけど、

それに両面テープ貼って代用できないんだろうか?

そしたらめっちゃ安上がりなんですけど!」

 

くらいに考えましたよ。

家具用ウレタンクッション 貼るだけかんたん粘着タイプ

300円程度で20個入り。

サイズ感も手触りもまあまあ似てる。

 

「これ、いけんじゃない??」

 

 

そして、やってみました。

 

 

結果・・・

 

 

 

まず、粘着力がまったくない。

 

かけた時の鼻当たりが、むしろちょっと痛い。

 

 

見た目も使用感もメガネを快適にしたいために使うはずなのに、

逆に違和感が生じています。

 

 

使いづらい!!!

 

 

当然です。

 

メガネに使うためのものではないのですから、

けっしてこの商品が悪いわけではありません。

 

 

やはり、家具のために作られたものは、家具に使うべき。

 

メガネには、メガネ用鼻パッド。

 

 

 

あたりまえですが、

この小さなシリコンゴムに、

『適材適所』

という言葉をこれほど痛感させられるとは想いも寄りませんでした。

 

 

いい考えだと思ったんですけどねえ・・・。

 

 

ま、気を取り直して。

 

 

じゃあ、この一見似たような家具用のクッションゴムと

メガネ用鼻パッドの違いは何なんでしょう?

 

 

以前モチアガールを製作している、マサル産業に工場見学に行ってまいりました。

 

 

そのときの記事はこちら。

“メガネ女子、モチアガール工場見学へ行く”

 

 

 

そこで、製作の全工程を見てきましたが、

まず、素材が違います。

 

 

家具用ゴムはウレタン樹脂でした。

 

 

メガネ用鼻パッドは、シリコン製。

 

 

その中でも鼻に乗せた時にパッドの痕が残りにくく負担が少なくなるように、

モチアガール専用の柔らかい素材が選ばれています。

 

 

そして、透明度が高い。

 

ちょっと、触っただけで濁ったり埃がついてしまったりします。

もちろん、そうしたものは商品としては使えません。

 

 

透明度が高く、柔らかい、というだけで扱いがかなり難しくなるとのこと。

 

それを職人さんが一つずつ手作業で型にはめ込み、成型していきます。

もちろん、もっと楽に扱える素材に変えて、

職人さんではなく機械で

オートマチックに作業してしまえば

効率的に大量生産できます。

 

 

しかし、そうすると顔に当たったときの

かけ心地や使用感、透明度も落ちてしまいます。

 

 

工程を省いて効率的に安くすることではなく、

いかに使う方たちが、より快適に使いやすく作られています。

 

長く愛用して頂けるかを考えて妥協なく一つ一つの工程を、

むしろ必要に応じて増やしながら作ることを選んでいたのでした。

 

 

だから、長く使っていても、

伸びたり変形したりすることがほとんどありません。

 

 

 

そして、モチアガール®は商標登録・意匠登録商品です。

 

 

形も、デザインも使い心地にもこだわりの、

他では、マネできない技術に加え、信頼のブランドなんですね。

 

 

また、今後素材も今まで以上に

さらに透明度の高いものに変わっていくそうです。

 

 

ということは、目立ちにくくなる♪

 

 

サングラスなんかにメガをつけて厚盛りすると、

「あれ?なんかついてるのかな?」

って思われるのがイヤなんですよね。

正直なとこ。

 

 

メガで気になるときは、もうちょっと薄めの、

ベーシックやネオに変えてみると目立ちにくくなります。

 

 

あとは、貼る位置をちょっと内側に変えてみたり。

 

商品自体が透明度が上がって目立ちにくくなれば、

しっかりマツエクやつけまのときも

メガネにまつげが当たらず、

遠慮なくおしゃれに

メガネやサングラスをかけこなせますね!!

 

 

メガネを快適に使うために、

せっかく、ちょっとプラスしてモチアガールを買うのですから

注意点をおさらいしておきましょう!!

 

 

 

 

 

 

では、おさらい。

 

①まずは、メガネ側の鼻パッドの素材を確認する。

・シリコン製じゃないか?

・鼻あての部分が球状じゃないか?

・マット仕上、表面塗布仕上など付きにくい仕様の鼻あてではないか?

 上記に当てはまる鼻パッドは、貼り付けタイプは向きません。

 鼻パッドが独立しているメガネならば、カバータイプを使いましょう。

 

②貼り付け時には、あらかじめ位置をしっかり決めておく。

 

③メガネの鼻あての汚れは、しっかりふき取っておく。

 ・万一長く使ううちに剥がれてきたら、両面テープで貼り付けることもできます。

 

④ケチって、家具用クッションゴムなど他のもので代用しようとしない!!

 

 

以上。

 

 

快適モチアガールライフをお楽しみくださいね!

 

◯ 関連リンク

 

▽モチアガール®公式ホームページ🎵

www.mochiagirl.com

▽ビューティー用鼻パッド

www.mochiagirl.com/beauty.php

▽ビジネス用鼻パッド

www.mochiagirl.com/business.php

▼モチアガールの詳細や価格をGoogleで検索する

https://goo.gl/MZIcQ6

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

流行のレトロファッションとメガネ

【SHOW ME】透明シリコンマスク製造の工場へ潜入!

あなたの汗はいい汗?悪い汗?★汗でモチアガールの持ちが変わる!?【対処編】

マクアケプロジェクト第3弾スタート!リモコンカバー『リモコート』撮影秘話

ページトップに戻る