Mochi a girl モチアガール Mochi a girl モチアガール

  • MENU
お問い合わせ

2018.04.10

インタビュー

【モチアガールインタビュー】第3回 メガネの杉友 鈴木雅喜さん《後編》

みなさん、こんにちは!

メガネ女子まのです。

 

 

モチアガールについて

詳しくはこちらから▼

www.mochiagirl.com

 

 

 

 

モチアガール利用者様インタビュー企画

 

第3回目は、

 

なんとメガネの専門家!!

 

 

マサル産業のある安城市に

 

メガネ店を構えて23年

メガネのお仕事に関わってからは35年

 

という、メガネのスペシャリスト。

 

メガネの杉友 店主の鈴木雅喜さん。

 

 

今回は後編です。

 

 

 

 

前回までの記事は、こちらからどうぞ★

【モチアガールインタビュー】第3回 メガネの杉友 鈴木雅喜さん《前編》

 

 

以下、鈴木さん→ 鈴

 

 

 

めがね娘 モチアガールをつけること自体は、

 メガネ屋さんとしてはどういうところがメリットですか?

 

 

 

鈴 「シリコンという視点でみれば、

 もともとメガネでも

 シリコンパッドというのもあるんだけど、

 若干値段も高めだから。

 

 そうじゃないのに、つけたり。

 摩擦が強いから下がりにくいとか」

 

 

 

めがね娘 「やわらかさもありますよね。

 吸いつく感じとか。

 メガネのシリコンパッドってわりと硬いですよね。」

 

 

 

鈴 「あと、シリコンパッドって

 吸いつく分、ものすごい汚れがつきやすいんだよね。

 

 外すと本人が

 「うわっ!!」

 って言うことがあるくらい(笑)」

 

 

 

めがね娘 そうすると、交換できる分、清潔感も保てますよね

 

 

 

鈴 「あと、メリットで言えば、

 

 さっき言ったように、

 CHINA、KORIA製で

 調整がしにくいものの場合、 

 出番はたくさんある。

 

 

 時代的に、30年前にこれ出しても

 どうだったかなっていうのはある。

 

 安いのがたくさん飛び交ってる

 今だからこそ、ニーズがあるんですよ。」

 

 

 

めがね娘 やっぱり安いメガネは、細かいところがぜんぜん違うんですか?

 

 

 

鈴 「ぜーんぜん違う。

 ネジ1本から違う。

 

 よく、曲がらない折れないっていうフレームあるけど、

 曲がらないから調整もできないんですよ。」

 

 

 

めがね娘 へえ、そうなんだ!

 

 

 

鈴 「だから、20年くらい前には

 そういう宣伝は出さないでおこうっていう

 業界のルールがあったんだけど、

 

 あれ??

 っていうのが今はたくさんあるよね」

 

 

 

めがね娘 いろいろ勉強になります。

 

 

 

めがね娘  では、おすすめされる方もそういうメガネをお使いの方ですか?

 

 

 

鈴 「そうだね。

 

 おすすめするのは、

 うちだと、メガネ買いに来た人の、

 付添いの方がかけてるメガネを

 「下がるんだわ」

 って言われるとね。

 

 

 海外製かは見ればすぐわかるんで。

 

 そういうのは安い分、フレームの作りが細くて

 カンタンに折れるか、

 調整できないかなんですよ。

 

 「こういうので対応できますよ」

 ていうのはあるかな。

 

 

なるほどー。

確かに、私もフレームごとに

これはこのモチアガールが合うかなというのは、

使っていてありますね。

 

太い国産フレームのものでも、

わたしは鼻が低いので、

落ちてきたりするため、

鈴木さんおすすめのネオで

カバーしたりしてますが。

 

 

 鈴 「お客様には、あとの調整考えた

 フレーム選びを最初にするんですよ。

 

 

 特に女性は、幅があるけど

 奥行きがないっていう骨格の人が日本は多いので、

 どうしても下がりやすいし合わせにくい。

 

 だから、奥行きが調整できるのを選ばないと

 あとあと大変なんですよ。

 

 だから、最初にフレームを選ぶって言うのは

 まちがったメガネのえらび方のひとつ。」

 

 

 

 

めがね娘 え!そうなんですか!!

 

 

 

 

鈴 「最初に、度数あって、

 レンズあってからの、

 フレーム選びにしないと

 

 フレームありきっていうのは、

 失敗することもあるよっていうこと」

 

 

 

 

めがね娘 知らないと、フレームから選んじゃいますよね。

 

 わたし、いつもフレームから選んでました。

 

 

 

鈴 「特に、老眼が入ってくる

 40~50代以上の人の場合、

 そこは間違いが起こりやすいです」

 

 

 

めがね娘 ほおー、そうなんですか。

 

 きちんと専門的に教えて頂いてから

 選ぶって大事なんですね。

 

 

めがね娘 メガネ屋さんとして、

 他のお店との違いとか

 ウリとかはどんなとこでしょう?

 

 

 

 鈴 「うちは、フレームの奥ゆきと合わせ方だね。

 

 瞳孔間距離って、

 目と目の距離をPDっていうんだけど、

 

 メガネの中の目がどこに来るかって、

 ものすごい大事で、

 PDでこのフレームはこの人には合うとか、

 この人はダメとかあるんだよね」

 

 

 

めがね娘 へえ~、知らなかったです

 

 

 

鈴 「奥行きはまだ調整可能だけど、

 目の距離は調整できないから

 その自分のPDを知ってないと

 フレームが選べないんだわ。

 

 だから、フレーム選びに

 自分のPDを知っておくのは大事ですね。

 

 特に広い方とかだと伝えますね。

 

 フレームと目のポジションを

 合わせておけばいいんだけど、

 そこが合ってないと問題があるから、

 

 最初からえらぶフレームを限定して、

 これだったらいいよっていうのを選ぶってことね。

 

 くつのサイズとかと一緒ね」

 

 

 

めがね娘 ああ、そうですよね。

 サイズ知らないと選べないんですね。

 

 デザインだけで、くつを買うことってないですもんね。

 

 だから、メガネのところに

 61とか小さくシールに数字が書いてあるんですね。

 

 こどもと親の目もとが似てるって言うのは、

 PDの距離が似てることもあるんですね。

 

 

 

 

鈴 「PDはどこのメガネ屋でも必ず測るけど

 そこの合わせ方と、

 フレームの奥行きの合わせ方は、

 うちだけで、

 他ではやってないやりかただね」

 

 

 

 

知識がとても豊富で、お話がとってもおもしろい鈴木さん。

 

 

お話を聞けば聞くほど

メガネのことを何にも知らなかったんだ!!

と、何枚も目からウロコが落ちました。

 

 

知識と経験と、プロフェッショナルな姿勢が伝わってきて、

 

自然と

「次に作るメガネは、ぜひここで!」

と思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

メガネの杉友さんの情報はこちらからどうぞ▼

メガネの杉友さんのページ
 

 

 

 

 

 

◯ 関連リンク

▽モチアガール®公式ホームページ

 www.mochiagirl.com

▽ビューティー用鼻パッド

 www.mochiagirl.com/beauty.php

▽ビジネス用鼻パッド

 www.mochiagirl.com/business.php

▼モチアガールの詳細や価格をGoogleで検索する

https://goo.gl/zjjQCZ

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

『中田敦彦のYouTube大学』観覧席のマスクがぜーんぶSHOW ME(R)!!

中田敦彦のYouTube大学『WinWinwiiin』の観客席がぜ~んぶ、【SHOW ME】!! part2

マスクのお悩み、メガネが曇る、耳が痛いは【SHOW ME】におまかせ

メガネがずり落ちないのは、鼻パッド?耳パッド?

ページトップに戻る